秋田公立美術大学卒業・修了展2020

会場:秋田県立美術館/秋田市にぎわい交流館AU

ブルーオーシャン・ビュー 2020.2.14FRI-2.18TUE
2020.2.14.FRI-2020.2.18.TUE

10:00-18:00(最終入場17:30)

※初日の開始時間は13:00から 最終日の入場時間は16:00まで(閉場17:00) 入場無料

ブルーオーシャン・ビュー

「ブルーオーシャン」とは未開の地という意味です。
本学は社会の大きな変動に呼応し、古い概念にとらわれることなく新しい芸術領域の創造に挑戦する大学です。
卒業し、新しい芸術領域の創造に挑戦する私達のこれからの展望を見据えた意味と、卒展会場全体をその展望の地と見据え、サブタイトルを『ブルーオーシャン・ビュー』と致しました。

ブルーオーシャン・ビュー

「ブルーオーシャン」とは
未開の地という意味です。

本学は社会の大きな変動に呼応し、
古い概念にとらわれることなく
新しい芸術領域の創造に挑戦する大学です。

卒業し、新しい芸術領域の創造に挑戦する
私達のこれからの展望を見据えた意味と、
卒展会場全体をその展望の地と見据え、

サブタイトルを
『ブルーオーシャン・ビュー』
と致しました。

ニュース

2019.02.12

ものづくりデザイン専攻のイベントの終了時間を修正しました。

2019.02.04

ビジュアルアーツ専攻のイベントを追加しました。

2019.02.03

ビジュアルアーツ専攻・大学院のイベント内容が変更となりました。

2019.02.03

景観デザイン専攻・大学院のイベント時間が変更となりました。

2019.01.10

秋田公立美術大学卒業・修了展2020のwebサイトを公開しました。

イベント

秋田公立美術大学卒業・修了展2020ではオープニングイベントと専攻ツアー、各専攻主催によるトークイベント、講評会を開催いたします。
一般の方も予約不要でご参加いただけますので、ぜひお越しください。

ただいま開催中のイベント

{{ event.organizer }}
2月{{ event.day }}日({{ event.dayOfTheWeek }}) {{ event.startTime }}〜{{ event.endTime}} {{ event.place }}
詳しい情報を見る

まもなく開催のイベント

{{ event.organizer }}
2月{{ event.day }}日({{ event.dayOfTheWeek }}) {{ event.startTime }}〜{{ event.endTime}} {{ event.place }}
詳しい情報を見る

2月14日(金)

学部・大学院
2月14日(金) 13:00〜13:30 にぎわい交流館AU 3階 多目的ホール

オープニングイベント

ご来賓の方々と一緒に展覧会のオープニングをお祝いします。代表からの挨拶やささやかなパフォーマンスを予定しております。

学部・大学院
2月14日(金) 13:30〜15:00 各会場

全専攻横断ツアー

学生の作品を、本学教員を交えて鑑賞します。オープニングイベント後、にぎわい交流館AU・秋田県立美術館の双方を巡ります。お気軽にご参加下さい。

ものづくりデザイン
2月14日(金) 15:00〜16:30 にぎわい交流館AU 1階 まち発見・発信ステーション

「これからのものづくりはどこに向かうのか?」「良いものってなに?」

ものづくりデザイン専攻では、哲学者であり本学客員教授である鞍田崇先生をお呼びし、 学生が日々制作しながら悩んでいることについて鞍田先生に相談に乗っていただきます。

鞍田崇 秋田公立美術大学客員准教授
哲学者。1970年兵庫県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科修了。 現在、明治大 学理工学部准教授。近年は、ローカルスタンダードとインティ マシー という視点から、 現代社会の思想状況を問う。著作に『民藝のイ ンティマシー 「いとおしさ」をデザイン する』(明治大学出版会 2015)など。 民藝「案内人」 としてNHK-Eテレ「趣味どきっ!私の 好きな民藝」に出演 (2018年放送)

2月15日(土)

アーツルーツ
2月15日(土) 13:00〜14:30 にぎわい交流館AU 3階 多目的ホール

豊嶋秀樹さんをゲストにお招きします。

アーツ&ルーツの作品に限らず、5専攻の作品を横断的に見ていただき、「作品とは何か?」など、広い内容でトークショーを行います。

豊嶋秀樹 秋田公立美術大学アーツ&ルーツ特任教授
1971年、大阪府生まれ。1998年graf設立に携わる。2009年よりgm projectsのメンバーとして活動。作品制作、展覧会企画、空間構成、ワークショップなど幅広いアプローチで活動している。これまでの主な仕事に、「押忍!手芸部と豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』」(2011、金沢21世紀美術館)でのコラボレーション、「三沢厚彦 ANIMALS」(2011−2015)、「あいちトリエンナーレ」(2010、愛知県美術館)、「新次元・マンガ表現の現在」(2010、水戸芸術館、茨城/韓国/ベトナム/フィリピン/国際交流基金)での空間構成、「KITA!!: Japanese Artists meet Indonesia」(2008、インドネシア/国際交流基金)でのキュレーションなどがある。また、奈良美智とのコラボレーション、YNGの中心的人物として「さんから奈良美智+graf A to Z」(2006、青森)をはじめとして世界各地で開催されたプロジェクトに参加した。2015年には編著書『岩木遠足 人と生活をめぐる26人のストーリー』を刊行。
ビジュアルアーツ
2月15日(土) 14:00〜15:30 各会場

ビジュアルアーツ専攻公開講評

袁廣鳴(ユェン・グァンミン)さん、津田大介さんをお招きし、ビジュアルアーツ作品の公開講評を行います。

袁廣鳴(ユェン・グァンミン) 秋田公立美術大学客員教授
台湾を代表するアーティストとして世界に知られる。台湾における映像インスタレーションの先駆的存在で、ドローンや自作の撮影機器を使用し、白昼夢のような美しさの中に、世界に潜む不確実性や政治的な問題を明らかにする。また台湾最高峰の美術大学、國立臺北藝術大学ニューメディア学科教授として多くの後進を育てる。本年度秋田公立美術大学・客員教授。
津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト
東京都出身、早稲田大学社会科学部卒。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー。あいちトリエンナーレ2019芸術監督。
メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門分野として執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。
ビジュアルアーツ・大学院
2月15日(土) 16:30〜18:00 にぎわい交流館AU 3階 多目的ホール

「芸術は今後、いかに観客を信頼できるのか。」

芸術と観客の間に様々な亀裂が生じた2019年。今後芸術作品を発表する上で、作家・運営はどのようなアプローチが可能か、あいちトリエンナーレ2019で芸術監督を務めた津田大介氏、キュレーションの立場で最前線に立つ相馬千秋氏をお招きし、トークを行います。

相馬千秋 秋田公立美術大学特任准教授
NPO法人芸術公社代表理事/アートプロデューサー。「急な坂スタジオ」初代ディレクター(2006-10)、国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」初代プログラム・ディレクター(F/T09春~F/T13)、文化庁文化審議会文化政策部会委員(2012-15)。2014年仲間とともにNPO法人芸術公社を設立。2015年フランス共和国芸術文化勲章シュヴァリエ受章。2016年より立教大学現代心理学部映像身体学科特任准教授。2017年より「シアターコモンズ」実行委員長兼ディレクター。「あいちトリエンナーレ2019」のキュレーター(舞台芸術)も務めた。
Photo: Yurika Kawano
津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト
東京都出身、早稲田大学社会科学部卒。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー。あいちトリエンナーレ2019芸術監督。
メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門分野として執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。

2月16日(日)

コミュニケーションデザイン
2月16日(日) 15:00〜16:30 にぎわい交流館AU 3階 多目的ホール

『デザイン・広告業界で生き延びるには?』

電通で働く村松氏をお迎えし、今まで携わってきた仕事、ディレクターとしてどんなデザイナーと仕事をしたいかなど、デザイン・広告の仕事にまつわる実情をお聞きします。

村松 秀俊
神奈川県出身。東京芸術大学美術学部デザイン科、同大学院卒業。
アートディレクターとして電通に入社。広告グラフィックやCM、パッケージデザイン等幅広いジャンルで仕事をしている。2011年以降はクリエーティブディレクターとして、数々の企業の広告キャンペーンやブランディング作業を行う。
JT[MILD SEVEN] ・ユニクロ・スバルフォレスター・池田模範堂・富士通携帯電話・広告電通賞募集広告・森永製菓・明治製菓・大正製薬・ANA・オンワード樫山・サントリーなどの仕事を手がける。
受賞歴:広告電通賞・ニューヨークフェスティバル・毎日広告デザイン賞・朝日広告賞・読売広告賞など。
福島民報広告大賞審査員。
景観デザイン・大学院
2月16日(日) 17:30〜19:30 にぎわい交流館AU 3階 多目的ホール

景観デザイン専攻・大学院共同主催イベント

「公開座談会」本学客員教授である芹沢先生をお招きして、学部生・院生による座談会を開催します。第一部では芹沢先生からの総評を踏まえて、第二部では学生それぞれの作品制作の話からディスカッションを行います。

芹沢高志 秋田公立美術大学大学院客員教授
東京生まれ。1989年、P3 art and environmentを設立。現代美術、環境計画分野で数々のプロジェクトを展開。「横浜トリエンナーレ2005」、「混浴温泉世界」、「さいたまトリエンナーレ2016」など、地域のアートプロジェクトに関わるとともに、2012年からはデザイン・クリエイティブセンター神戸のセンター長を務める。

優秀作品

Coming Soon!

SNS

Instagram

秋美卒展2020 ブルー・オーシャン・ビュー

秋美卒展2020 ブルー・オーシャン・ビュー 会期:2020.02.14〜02.18 会場:秋田市にぎわい交流館AU、県立美術館 ツイッター→https://twitter.com/AUAsotsuten2020 HP→ https://www.akibisotuten2020.site/

アクセス

にぎわい交流館AU

〒010-0001 秋田市中通一丁目4番1号

秋田駅西口から徒歩10分

秋田県立美術館

〒010-0001 秋田県秋田市中通1丁目4−2

秋田駅西口から徒歩10分